2019_02_28 初撮影のテスト

昨日図書館で借りた「鳥さんぽをはじめよう」って本の冒頭に

写真の取り方で双眼鏡に携帯カメラくっつけて撮る方法が載ってたので

試しに撮ってみました。

方法は簡単、撮りたいとこに双眼鏡のピントを合わせて、眼で覗くとこに

携帯カメラのレンズを当てるて撮影するだけでした。

 

2019022801

近所のスズメちゃんです。

かわいいよ。

携帯で撮れるって思ってなかったのでとても嬉しいです。

いろいろ上手に撮れるよう練習してみます。

 

2019_02_27 どっちが似てるかと言うとポケ5

バードウォッチングってポケモンゴーに似てるのかなぁと思ったら、

逆ですね。ポケモンゴーが野鳥観察に似てるんですね(笑

スマホ持ってないのでポケモンゴーはやったこと無いですが、

集めたくなっちゃう感が一緒な感じだし、レアなものに出会いたくなく感覚も

たぶん一緒なんだろうなと思います。

今朝はメジロ、シジュウカラ、ホオジロ、ウグイス、イソヒヨドリを見つけました。

あと、図書館に寄ったら小川のとこでハクセキレイがトットトトトトトって歩いてるの

見つけました。かわいい。

レアなポケモンとして見立てるとウグイスは結構レアです。隠れて出てこないから。

あと、イソヒヨドリも場所によってはレア。こんなとこにまでやってくるんだ!って感覚。

逆にいつも居るのに居なかったのでどしたのかなぁ?って思ったのがヒヨドリ。

天気とかも関係してるのかな?

ネットで「ポケモンゴーとバードウォッチング」って語句で検索してみると

こんな記事が出てきました。

http://heapsmag.com/next-millennial-trend-after-pokemon-go-is-birdwatching-app-urban-bird-real-time-share

読んでてやっぱしそうだよねって思いました。

あとプラスで歯笛が吹けるようになると、能動的な楽しみ方も増えるので

もっと吹ける人が増えるといいのになと思いました。(呼吸器系エクササイズの

一助的な要素もあるかも。微妙な呼気を山道登りながら続けるの結構大変)

2019_02_22 初ホケホケッキョキョキョ

今朝は雨の日に通る道の方を通って帰ってたら、木立で

ホケホケ!キョキョキョー!って鳴く声が聞こえました。

ウグイスですね。今年初でした。

まだ上手には鳴けてないけど、これから毎日猛特訓して

上手になって行くんだろうと思います。

あと、その木立の先のアパートの屋根の上でチョコチョコチョコって

歩く小鳥(たぶんハクセキレイ)が二匹でデートしてました。

てことは今から巣作り雛育てが始まるのかな?

こういうリアルでホットな情景を俳句とか短歌に出来たらいいのになぁと

思いました。

2019_02_21 筋トレと呼ばずに免疫エクササイズと。

軍事演習とかも英語だとミリタリーエクササイズですね。免疫エクササイズの

場合も日本語のエクササイズよりちょっと実演とか実習とかそういう感じ寄りのニュアンスで。

最近のニュースだと白血病や口腔癌、新たな癌治療法、リュウマチ、花粉症、等々、

有名人さんが病気に。ってニュースが続いてるんでこういうワードをよく目に耳にします。

共通してるのは「免疫系」ですね。

やっつける役目の免疫系ですが、弱かったら侵入者とか悪性新生物をやっつけることが

出来なくて困ったことになります。逆に変なスイッチ入って強すぎバーサク状態になることも

あって、自分の身体のそこかしこを敵って見誤って攻撃してしまいます。

反応悪くてもダメ、敏感すぎてもダメ。

ちょうどいいくらいな状態を保つのが大事です。

んでどうやって保つのかというと、もう飽きちゃってるかもしれないラインナップの「バランスの

良い季節にあわせた食事を適量。過激過ぎない適度な運動。よく寝る。たまに何かに熱中する。」

特別なことは無くて、何事にも偏りすぎず色んなことをつれづれに。だろうなと思います。

近年、筋トレってワードがほんと良く出回るようになってきました。

筋トレってワードをそのまま受け止めて何やら反応してくれる層はそのままご縁が出来て良かったなぁ

なんですが、筋トレってワードをストレートに受け取りたくない、受け取れない、ちょっと斜めになっちゃう

諦めちゃう、な群の方達も、もしかすると 「免疫の反応をエクササイズするよ!

お特に健康になっちゃうよ!」みたいなフレーズだと反応アリな人も多少は出てくるのかなと思います。

実際、筋トレの持つ役割は貯筋でも心肺性能でも骨量でも血管でもいろいろあるけど、結局は

健やかな身体と健やかなメンタルで飽きのこない生活を結果的にゲットしてしまうのが目的なので

免疫エクササイズとたとえ言い換えてもそんな違和感は無いはずだろうなと思います。

まあ、やってもいいし、やらなくてもいいし。

病気になったらキツイ思いもするけど、運動するのもキツイといえばキツイかも。

とりあえず適当に前向きにだったらいいのかなと思います。

2019_02_20 今日の手元甘い物ラインナップ

いま、手元にあるのはLOOK4のチョコレートと、甘納豆個包装パックと、

カントリーマアムのココアとバニラと、さっき食べてしまったココアクッキーと、

ギンビスっぽいスティック。以上です。

あと、ソフトな一口香を買ってこようかどうか悩んでます。

少しずつ色んなものを食べるのが好きみたいで、(最近発見した自分の癖。)

種類が沢山あるとかなり幸せな気分に包まれます(笑

2019_02_20 させぼっくすに鳥はいるだろうか

2019021801

今朝はですね、ヤマガラが元気でした!

最近良く見かけるようになったヤマガラが電線に止まってメッチャ喋ってたので、

双眼鏡で観察しながら鳴き声の真似を練習しました。

結構上手に真似出来たので個人的な感触ですが、会話が一部成り立ってたと

思います。ヤマガラと(笑

そんなことを考えながらラジオを聴いていたら中里のさせぼくっすについての

話題があってました。(させぼっくすは3年くらいまえに中里インター近くに

出来た道の駅です。大きいです。)

もう、頭の中が野鳥まみれな状態だったので、野鳥にとってのさせぼっくすって

どんなだろうと考えてたら、まずシチュエーション。

人間からすると、自動車専用道路のインター直ぐそばで駐車場広しトイレ24時間

フードコート有り。

野鳥からすると、中里なので愛宕山の麓、照葉樹と竹林の混交林、大きな川そば、

田んぼ、畑多数。庭木多数、九十九島の海近く。

鳥は多分すごい沢山種類が居るはずです。生育環境が多様性に富んでるので。

人間からしてもアスセスが非常にしやすいです。させぼっくすは交差点の関係で

何かのついでに立ち寄るのは若干不便ですが、させぼっくすを目的地に設定した

場合はめちゃくちゃアクセスしやすいです。自動車道路の無料区間からすると、

佐世保市内の全部と松浦半島の半分くらいごっそり圏内です。

いまの商展開としては観光向けのラインナップだと思いますが、アクセスがいいので

ヒットアンドアウェイしやすく日課とか週に何回とかルーティーンに組み込みやすい

立地なのかなとも思います。

鳥がいっぱい居るだろう自然豊かなエリア+毎日でも簡単に来れる駐車場。

てことは駐車場に集まってさせぼっくすスタートで野鳥と里山の観察会。んで

トレイル後にさせぼっくすで朝食会。健康寿命メニューでもいいし、農家さん多いエリア

なんで地産地消メニューでもいいし。

運動の習慣化と知的な刺激と季節とのふれあいと新たな仲間とのつながりと、、みたいな

フレーズがそっくり落とし込めるだろうなんで野鳥とさせぼっくす、面白そうな組み合わせだと

思いました。

2019_02_15 骨髄バンクのこと

水泳の池江選手が白血病とのことで、骨髄バンクの登録問い合わせが

急増してるとニュースでありました。

出来ることなら力になってあげたいという優しい人が多いんでしょうね。

私の場合ですが、バンクに登録したのは7~8年くらい前で、消防団の

バザーに来てた献血バスで献血待ちの時に勧誘というか説明受けて登録しました。

「人助けしたい!」みたいな熱い心では残念ながら無くて、お互い様の世の中なので、

もし自分や家族が病気なったとき、誰かのお世話になるかもしれんし、それなら

先に出来ることはやっとこうかな。そしたら困ったときに助けてもらえることもあるかも

知れんし。。。くらいの少々不純な動機で登録しました。

実際は登録したのも忘れるくらい何も変化はなくて年に一回くらいバンクの事務局から

会報みたいなのが送られてくるので、そのとき、あ、、俺入ってるとやった。て思い出すくらい。

幸い、患者側になることも無くてお世話にもならんしお世話もしてない。みたいな感じで

何年か過ぎてたら、突然、ホント突然に、郵便受けにオレンジの封書が届いて、

何か重要っぽく書いてあるので開けてみると「適合通知」ってやつでした。

頭の中に流れてきたのは小田和正の「ラブストーリーは突然に」のイントロのチャラララ~ンってとこ。

 

あ、知らんかった。ほんとに来るんだ。

てか、すでにストーリーは流れ始めてて、録り直しとか無い物語の中に突然連れて行かれた

感じがしました。

んで、って書き出したら長くなりそうな気がしました。ので結末だけ。

その適合通知の件はコーディネーターさんも決まって日取りとか段取りしてたら、

急に患者さん側の都合でキャンセルになりました。キャンセルはあっけなくて、

ほんじゃ今回の話は無しでした。お疲れ様でした。って感じ。

そのあと患者さんがどうなられたかは心配しましたが、その後を知る由も無し。

んで、もう何年かしたら、また適合通知が届きました。

二回目があるって確率的に信じてなかったのでほんとにすごくびっくりしました。

ちょうど仕事も忙しくなってた状況で、もし近くの病院で入院日数が少ない

末梢血幹細胞の方で出来るならドナー受けれますけど?ってなったら福岡まで

行って入院しないと出来ないみたいだったので、難しいです。って伝えたら

割とあっさり、「まだ他の人を当る余地があるんで大丈夫ですよ」って感じで

キャンセルなりました。

もう3回目は無いだろうと思ってますが、もし来たら、受けれる状況だったら、

家族がOKくれれば、受けようと思ってます。

思うのは、ドナーの勧誘も大事けど、それと同じくらい大事なのが、時間も身体も

負担少なく受けれるよう、対応する医療機関を増やすのが大事かなと思います。

総合病院で末梢血を出来るなら、3回目でも4回目でもたぶん受けれるのになと

思います。

あと、適合通知は突然やってきます。もし受けようと思うなら、その時点から自身の

健康は自分の物だけでは無くなります。スケジュールが決まって患者さんの処置が

始まるとキャンセルは出来ません。いままで自分の健康に責任が発生するとか

考えたことも無かったので思うことも多かったです。

日常過ごす時に、「ドナーになるかも知れんから健康に気をつけよう」とかは全く忘れて

過ごしてますが、他の仕事力やら地域力やら防災力やら何やら、全部、健康であって、

即応性を保つことは共通なので、今回、新しくドナー登録された方たちも、

「バランスよく食べて、適度に運動して、よく寝て、面白いことやって」 結果、健康な

状態を保って、いつ来るか分からない、来るかどうかもわからないけど、いざ来たときに

対応できるような状態を長く保って欲しいなと思います。

恐らく、動機は人の為だったとしても、結果は自分の為に成ってることだろうなと思います。

 

 

2019_02_08 ラジオ深夜便に筋肉

夜はラジオ深夜便をよく聴いてますが、番組予告で

ゲストさんの案内があって、谷本さんって方が「筋肉は裏切らない」って

タイトルでご登場らしくて、

ん?このフレーズは…

あ!あのNHK総合でやってる「みんなで筋肉体操」の講師の先生だ!

ってピンときました(笑

ラジオ深夜便にまで筋肉が出てくるって、やはり確かな潮流として

運動習慣が来てるんだなぁと思います。

谷本先生、今夜23時過ぎからの登場みたいです。

良かったらラジオ深夜便どうぞ(^^

2019_02_07 筍狙ってるか

先週からイノシシ目撃談が近所でも増えてきたなぁと思ってたら

あれですね、筍ですね。

朝、帰りに山道通ってたら竹林の林床がボコボコに掘られてたので

気付きました。

野生はすごいですね、季節感の先取りっていうか筍とか頭も全く出てないのに

匂いかなんかで分かるんでしょうね。

人間社会は随分と野生からは離れちゃったのでホントは同じくらい敏感な

はずですが、もう視覚以外のとこは少し鈍くなってるんだろうなと思います。

音と匂い。

そっちは普段ミュート気味に過ごしてますが、それはちょっと勿体無いこと

なのかもですね。