猫背を治すテスト

動画をいろいろ撮っててやっぱり猫背だなぁと

多々感じてまして、いい機会やから治すテストやってみようと思いました。

ボルダリングをやってる人は猫背の人が多いです。

というか猫背に見える人が多いです。

理由は背筋群が発達するからです。

肩から背中がもっこりです。

元が普通のs字カーブの人だと「ちょっと猫背だね」って感じで、

元々ちょっと猫背の人だと「結構猫背ですね」って見えます。

私も元々がちょっと猫背だったので、背筋群がもっこりなってきた今は

結構猫背だねの人です。

動画見てるとやっぱりカッコ悪いので、このサイト作ったのも何かの縁で、

猫背矯正にトライしてみることにしました。

取り組んだのは一つだけ。

「アゴを引く」

二重アゴになってもいいからアゴを引くようにしました。

これ書いてる時点では三週間くらい経過ですが、

起こった変化は、

「頸の後ろが凝る」

これは一週間くらいで治りました。

たぶん筋力が付いたんでしょう。

 

次に起こった変化は、

二週間くらい過ぎた後に、

「腰がプチぎっくり。」

もともと腰に大ぎっくり~プチぎっくりを

持ってるので、負担を掛けすぎたときは

嫌な予感の次に「ギクっ」っと来ます。

今回もなんとなく来るなぁと思ってたら、

「ビビビっ」と来ました。

おそらく頸位置が変わりつつあるので、

その影響で背骨がS字になりつつあって、

バランスとるため骨盤の傾斜が前倒れ目に

なってきてその負担がプチぎっくりになったのかなと

思います。

プチだったので二日くらいで治りました。

 

矯正に取り組む前に、猫背について調べてたら、

頸の骨、背骨、骨盤の関係性がいろいろ説明してありました。

で、その通りに関係性を実感しました(笑

まだ影響は感じませんが、骨盤の傾きが変わると、

今度は脚や膝や歩き方とか運動とかに影響が出てくるハズと

思います。

また気付いたら追記しようと思います。

余談ですが、頸が立ったお陰で、景色が2cm高いとこから見える景色になりました。

たった2cmですが、ちょっと違った景色です。

 

 

20161025sebone

—————————————————–
(2017_11_15 追記)

背中側のボリュームと胸側のボリュームをそろえるため、ディップスを

やるようにしました。無加重で一日で浅く5回、フルボトムで5回くらいを

1セット、3ヶ月くらい前からやってます。

負荷めちゃ軽いですが、胸はそれなりに付いてきてるみたいでボリュームの

バランスは少しずつ改善されてきてる気がします。継続。継続。